公開日
読了時間の目安
5分で読めます

プロペシアは、生え際とつむじの薄毛に効果的な治療薬です。俗にいう「M字ハゲ」や「O字ハゲ」といった、AGAによって起こる抜け毛を止めます。しかし、生え際とつむじでは、薄毛が改善される効果に差が出るのです。

プロペシア単剤による治療では、頭頂部の薄毛は改善するものの、前頭部の薄毛はなかなか改善しません。プロペシアの効果は「AGAの進行を遅らせること」なので、抜け毛が減っているなら生え際にも効いています。とはいえ、生え際がフサフサになると信じて飲み続けても、現状維持で終わる可能性が高いので、ほかの対策を行う必要があるのです。

ここでは、プロペシアが生え際とつむじの抜け毛を止められる理由を解説します。また、M字ハゲだけが改善しにくい理由、M字ハゲが改善しないときの対策も併せて見ていきましょう。

プロペシアはAGAの症状が出る部位に効果的

プロペシアが効果を発揮する部位は前頭部と頭頂部です。生え際やつむじが部分的に薄くなる、AGAの原因を取り除きます。逆にいうと、AGA以外の原因で起こる薄毛には効果がありません。では、プロペシアの効果がある部位と効果がない部位について、それぞれの理由を解説します。

「M字ハゲ」と「O字ハゲ」の薄毛の原因を取り除く

プロペシアは、AGAの代表的な症状である「M字ハゲ」や「O字ハゲ」の原因となる物質を取り除きます。はじめに、プロペシアの基本的な効能について知りましょう。

プロペシアの添付文書に記載されている効能は「男性型脱毛症の進行遅延」です。つまり、髪を生やすというよりも、現状維持がメインです。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」の働きは、生え際やつむじにある「2型5αリダクターゼ」という酵素の阻害です。この2型5αリダクターゼはテストステロンと結合し、「ジヒドロテストステロン」というホルモンを生み出します。ジヒドロテストステロンが、生え際やつむじの毛根で男性ホルモン受容体と結合すると、脱毛因子が生まれるのです。プロペシアは、この根本となる2型5αリダクターゼを阻害し、抜け毛を止めます。

M字ハゲやO字ハゲの原因は、いずれも「2型5αリダクターゼ」です。そのため、プロペシアによってどちらも現状維持、もしくは改善できます

プロペシアの効能については、別の記事でも詳しく解説しています。

生え際とつむじ以外には効かない

プロペシアは、生え際とつむじ以外の部位には効果がありません。ほかの部位に出る薄毛の症状は、AGAとは原因が異なるからです。効果がない脱毛症の例として、髪が全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」、10円ハゲが部分的にできる「円形脱毛症」などが挙げられます。これらの脱毛症は、「2型5αリダクターゼ」とは別の原因で起こるため、プロペシアでは治療できないのです。

プロペシアが効かない脱毛症については、別の記事でも詳しく解説しています。

プロペシアはM字ハゲには効きにくい

上述したとおり、プロペシアはM字ハゲとO字ハゲ、どちらの抜け毛も止められます。しかし、プロペシアが発揮する効果は、部位ごとに差があります。つむじの薄毛ならフサフサになりやすく、生え際の薄毛は進行を止めるので精いっぱいです。M字ハゲに効きにくい理由には、1型5αリダクターゼが関係していると考えられます。

ここでは、プロペシアが実際にM字ハゲには効果が低かったというデータを紹介します。その次に、プロペシアがM字ハゲに効きにくい理由についても見ていきましょう。

10年飲んでもM字ハゲは現状維持

プロペシアを10年にわたって飲んでいても、M字ハゲへの効果は現状維持にとどまります。「プロペシアの服用ではM字ハゲが改善しにくい」という事実は、海外の研究でわかりました。では、その研究の内容をリストで見てみましょう。

  • AGAを発症した20歳から61歳までの男性113人が対象
  • 調査の期間は10年間
  • フィナステリド1mgを1日1錠ずつ服用
  • 治療前と治療後、前頭部と頭頂部の写真を撮って評価

このような試験の結果、AGAの症状が明らかに改善したのは頭頂部だけで、前頭部はあまり改善しませんでした。つまり、プロペシアの服用を長期にわたって続けても、M字ハゲを治すことは難しいのです。プロペシアを飲んでいれば、M字でもO字でも、ほぼ確実に現状維持はできます。しかし、M字の部分がハゲている場合、プロペシアを飲んでも「明らかに髪が増えた」とは実感できないでしょう

生え際の薄毛と1型5αリダクターゼの関係

M字ハゲにプロペシアが効きにくい理由は、生え際に1型5αリダクターゼが多いからだと考えられます。プロペシアは2型5αリダクターゼしか阻害できないため、1型5αリダクターゼが多ければ、薄毛が改善しないのです。1型5αリダクターゼは全身の毛根にありますが、男性ホルモン受容体の特性により、生え際とつむじに限って薄毛を引き起こします。

1型5αリダクターゼもAGAの原因

AGAの発症には、1型5αリダクターゼも関わっています。5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、1型は全身の毛根、2型は生え際とつむじの毛根にあります。薄毛の原因として特に注目されるのは、AGAの症状が出る部位にある2型5αリダクターゼです。しかし、1型5αリダクターゼもジヒドロテストステロンを生み出します。そのため、2型5αリダクターゼだけを阻害しても、ジヒドロテストステロンは完全には消えません。プロペシアを飲んでも、1型5αリダクターゼが生み出すジヒドロテストステロンまでは抑えられないのです。

生え際には1型5αリダクターゼが多い

生え際はつむじと比べても、1型5αリダクターゼが多いと考えられます。1型5αリダクターゼはニキビの原因としてもよく知られており、おでこはニキビがよくできる代表的な場所です。つまり、ニキビがよくできる前頭部には、2型だけでなく1型5αリダクターゼも多いと推察できます。そのため、プロペシアで2型5αリダクターゼを阻害するだけでは、M字ハゲは治りにくいのです。

生え際とつむじだけがハゲるのは「男性ホルモン受容体」の特性

全身にある1型5αリダクターゼもAGAの原因なら、なぜ生え際とつむじの髪だけが薄くなるのでしょうか?その理由は、前頭部と頭頂部の男性ホルモン受容体が、ほかの部位とは違う特性を持つからです。

ジヒドロテストステロンは、受容体と結合して活性化し、男性ホルモンとしての作用をもたらします。男性ホルモンが作用すると、ヒゲや腕毛などの体毛は強く育つのです。しかし、前頭部と頭頂部に限っては、男性ホルモンが作用することで毛が弱ってしまいます。つまり、ジヒドロテストステロンが同じように働いても、毛が濃くなるか薄くなるかは、部位によって異なるのです。この部位による違いは、まだまだ謎が多いものの、男性ホルモン受容体それぞれの感受性の違いであると考えられています。生え際とつむじの毛根では、ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体が結合することで、脱毛因子が発生するのです。

プロペシアだけではM字ハゲが治らない人の対策

上述した理由から、プロペシア単体でM字ハゲをフサフサに戻すのは、正直なところ厳しいといえます。そこで、M字ハゲにおすすめの治療法を3つ紹介します。

  1. プロペシアとミノキシジルローションの併用
  2. ザガーロ単剤の服用
  3. ザガーロとミノキシジルローションの併用

リストの1から順番に、おすすめ度が高い治療法です。まず、プロペシアとミノキシジルローションを併用すれば、高い発毛効果が期待できます。ミノキシジルには成長因子の生成を促す働きがあるため、プロペシアには足りない発毛効果を補えるのです。

2番目におすすめなザガーロは、1型・2型の5αリダクターゼをどちらも阻害できる優秀な治療薬です。ただし、プロペシアよりも副作用が出やすいため、切り替える際は注意してください。プロペシアとミノキシジルローションを併用しても効果がなかった場合、さらに作用が強いザガーロに切り替えましょう。

3番目は、ザガーロとミノキシジルローションの併用です。プロペシアよりも効果が高いザガーロを服用し、さらにミノキシジルローションを併用すれば、大きな発毛効果が期待できます。ザガーロに切り替えても副作用がなければ、ミノキシジルローションとの併用でさらに効果を高めましょう。

ミノキシジルローションザガーロの効果については、別の記事でも詳しく解説しています。

まとめ

プロペシアは、AGAの症状である前頭部と頭頂部の薄毛に効果的です。生え際とつむじにある「2型5αリダクターゼ」を阻害するため、これらの部位の抜け毛を減らせます。

しかし、プロペシアの前頭部への効果は、頭頂部への効果に比べて劣ります。これは、前頭部は頭頂部よりも1型5αリダクターゼが多いためだと考えられます。プロペシア単剤では2型5αリダクターゼしか阻害できないので、M字ハゲをフサフサな状態に戻すのは困難です。

「M字ハゲがなかなか改善しない」と悩んでいるなら、まずはプロペシアとミノキシジルローションを併用してみましょう。それでも効果がないなら、プロペシアからザガーロに切り替えてみることをおすすめします。

プロペシアの効果が出やすい部位を知り、M字ハゲとO字ハゲの対策をしましょう。

参考文献・参考サイト

プロペシアは生え際には効きにくい!つむじハゲなら改善できるは、以下のサイトや資料を参考に作成しました。