公開日
読了時間の目安
5分で読めます

プロペシアの効能は、抜け毛を減らし、AGAの進行を遅らせることです。つまり、髪がこれ以上減らないように育毛して、現状を維持します。それだけでなく、プロペシアを飲めば髪が正常に育つので、結果的に発毛を実感できるのです。そのためには、長期にわたって飲み続ける必要があります。

プロペシア本来の効能を理解せずに服用していると、効果があまりない薬だと勘違いしてしまうでしょう。勘違いで服用をやめれば抜け毛が一気に増え、AGAが悪化するので注意してください。

このページでは、プロペシアの効能、発毛を実感した患者の割合、などを解説していきます。さらに、予防薬としてプロペシアを飲めるかどうかにも、フォーカスを当ててみましょう。

プロペシアの効能はAGAの進行を遅らせること

AGA治療薬のプロペシアは薄毛の進行を遅らせる内服薬

プロペシアの添付文書に記載されている効能は「男性型脱毛症の進行遅延」です。つまり、髪を生やすというよりも、現状維持がメインです。プロペシアの効能には、有効成分である「フィナステリド」の作用が関わっています。では、フィナステリドがどのような作用でAGAの進行を遅らせるのか、詳しく見ていきましょう。

フィナステリドがジヒドロテストステロンを抑制

フィナステリドの作用は、AGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの抑制です。ジヒドロテストステロンは、代表的な男性ホルモンの「テストステロン」と、「5αリダクターゼ」という酵素が結合して生まれます。フィナステリドは、5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロンが生まれないように働きかけるのです。

プロペシアの作用機序

このように、フィナステリドが5αリダクターゼを阻害すると、毛根のジヒドロテストステロンは減ります。

2型5αリダクターゼを阻害

フィナステリドが阻害するのは、「2型5αリダクターゼ」です。5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があります。1型5αリダクターゼは全身の毛根にあり、頭頂部と前頭部の毛根に限っては2型5αリダクターゼもあるのです。

頭髪には2種類の領域があります

AGAの症状である頭のてっぺんやおでこの薄毛を改善するためには、2型5αリダクターゼの働きを止めることが肝心です。フィナステリドは2型5αリダクターゼのみを阻害して、AGAの症状を改善します。

このような作用によって、フィナステリドはAGAの原因を体内から取り除きます。フィナステリドの働きは、髪を生やすことではなく、髪の成長を邪魔するホルモンを抑えることなのです。

プロペシアの作用については、別の記事でも詳しく解説しています。

プロペシアは抜け毛を減らして発毛する

プロペシアには、進行を遅らせる効能に加え発毛の効果も期待できる

プロペシアには、AGAの進行を遅らせて育毛する効能がありますが、加えて発毛の効果も期待できます。AGAの根本的な原因を取り除くことで、正常に髪が育ち、結果的に発毛するのです。プロペシアを2年、3年と飲み続ければ、発毛する確率は高まります。

以下より、プロペシアを飲んで発毛する経緯と確率を解説していきます。

基本の効能は「育毛」だけど「発毛」もできる

プロペシアの役割はマイナスをゼロに戻すこと

プロペシアを飲んで育毛すると、最終的には発毛も実感できます。上述したように、フィナステリドは抜け毛を減らすことに特化しています。これは、AGA治療の分野で言うと「育毛」の効果です。プロペシアには、髪を作っている細胞を活性化させるなど、積極的に髪を生やす効果はありません。プロペシアの役割は、いわばマイナスをゼロに戻すところまでです。

とはいえ、新しい髪がまったく生えないわけではなく、飲み続けていれば徐々に発毛の効果もあらわれます

ジヒドロテストステロンからの攻撃がやむと髪が生えてくる

プロペシアの働きにより弱っていた毛根の細胞は蘇ります

プロペシアの働きにより、ジヒドロテストステロンからの攻撃がやむと、弱っていた毛根の細胞は蘇ります。邪魔者がいなくなれば、毛根の細胞では心置きなく髪を作り、育てられるようになるのです。そして頭皮には、AGAになる前のような、太くツヤのある髪が戻ってきます。

このように、プロペシアの基本的な効果は、抜け毛を減らして育毛することです。その効果が派生し、正常な髪が生えてくるように促してくれるため、結果的に発毛します

長く飲めば発毛する確率が上がる

臨床試験で薄毛が改善した人の割合を見れば、プロペシアでどの程度の発毛効果が期待できるかがわかります。以下、プロペシアを販売しているMSD社の資料を見てみましょう。

プロペシアを継続投与することで毛髪状態改善例の占める割合が増加

グラフを見るとわかるように、1年間プロペシアを服用して現状維持できた人は40%、薄毛が改善した人は58%です。つまり、現状維持にとどまらず、薄毛を改善できた人の方が多かったのです。

さらに2年、3年とプロペシアの服用を続けると、薄毛が改善した人の割合は10%ずつ増えていきます。ここからわかるのは、最初はもとの髪を守るのに精いっぱいだった人でも、服用を続ければ新しい髪が生えるということです。

プロペシアを飲んでさえいれば、ほぼ確実にAGAの進行が止められます。そして、プロペシアを飲んでいる期間が長ければ長いほど、発毛する確率も高まるのです。

プロペシアは「予防薬」ではない

プロペシアは症状が出てから服用する治療薬

プロペシアは、AGAが発症する前に飲む「予防薬」ではなく、あくまで「治療薬」です。

ここまで、「プロペシアを飲めば現状維持できる」と解説してきました。このことから、まだAGAを発症していない人が、「いま生えている髪を守るためにプロペシアを飲みたい」と考えるかもしれません。しかし、発症していない病気のために、何年も薬を飲み続けるのはやめておくべきです。

ハゲるかわからないのにリスクを背負うことになる

プロペシアは予防目的で服用しても意味がない

予防のためにプロペシアを飲むとすれば、まだハゲていないのに、副作用が出るリスクを背負い続けることになります。

どの病気にも言えることですが、いつ病気になるか予想するのは困難です。それはAGAにも言えることで、いつハゲるのか、はたまた一生ハゲないのか はわかりません。まだ髪がたくさん生えている人なら、プロペシアを飲まなくてもフサフサを維持できる可能性があります。

また、プロペシアは医薬品なので、当然ながら副作用があります。AGAがすでに発症していれば、症状が改善するという大きなメリットがあるため、副作用というデメリットは小さな問題です。しかし、AGAが発症していなければ、プロペシアを飲んでメリットがあるのかどうかはわかりません。そのうえ副作用まで出てしまえば、デメリットしかないのです。

このようなリスクを背負うよりも、薄毛が気になってからプロペシアを飲んだ方がよいでしょう。

髪が薄くなってもすぐに飲めば大丈夫!

プロペシアの服用は薄毛が気になってから

プロペシアは、薄毛が気になりはじめてすぐに飲めば、十分な効果を発揮します。AGAは症状が軽いうちなら治りやすいので、プロペシアだけで発毛する可能性も高いのです。「予防のために飲みたい」と思うほど髪への意識が高い人なら、ハゲはじめても自分ですぐに気が付くでしょう。早めにプロペシアを飲みはじめれば、再びフサフサな状態に戻るため、焦って飲む必要はないのです。

AGAの予防や対策、育毛剤について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

プロペシアには、抜け毛を減らして髪を現状維持する効能があります。プロペシアだけで髪を飛躍的に増やすのは難しいものの、継続して飲めば発毛効果も見込めるのです。実際に2年、3年と飲み続けると、薄毛が改善する人は多くいます。

プロペシアの効能が現状維持であるとはいえ、予防のために飲むのはやめておきましょう。ハゲるかどうかもわからないのに、副作用が出るリスクを何年も背負い続けるのは重荷です。プロペシアの服用は、ハゲはじめてからでも遅くありません。

プロペシアを飲むと抜け毛が減って徐々に発毛していくので、途中で投げ出さずに服用を続けてください。

参考文献・参考サイト

プロペシアの基本的な効能は育毛!長く飲めば発毛もできる!は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。