公開日
読了時間の目安
5分で読めます

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果的ですが、飲みはじめてすぐに髪が生える薬ではありません。プロペシアの効果が実感できるまでの期間の目安は6カ月です。どんなに早くても、効果が出はじめるまでに3カ月はかかります。

この事実を知らずに、1カ月や2カ月でプロペシアの服用をやめてしまっては、せっかくの治療が水の泡になります。プロペシアの効果は飲み続けてこそ得られるので、すぐに諦めてはいけません。薄毛を改善するためには忍耐力も必要です。

このページでは、プロペシアの効果が実感できるまでの経過を説明します。また、「どうしても早く髪を生やしたい」という人のために、プロペシアの効果を早める方法も紹介。最後に、効果の目安となる6カ月を過ぎても、プロペシアが効かない場合の対処法も解説します。

プロペシアの効果が出るまでの期間について正しく知り、納得できるまでAGA治療に取り組みましょう。

プロペシアの効果が実感できるまでの期間

プロペシアの効果が実感できるまでの期間は6カ月

プロペシアを飲みはじめてから、効果が実感できるまでの期間はおよそ6カ月です。個人差があるため、早ければ3カ月、遅ければ1年ほどで効果を感じる場合もあります。

では、プロペシアの服用を続けると、どのような経過で効果が出てくるのでしょうか。なぜ飲んですぐには効果が感じられず、これだけの時間がかかるのかも気になりますよね。ここから、まずはプロペシアによって薄毛が改善する経過を見ていきましょう。次に、プロペシアの作用について触れながら、薄毛が改善するまでに時間がかかる理由を解説します。

治療を続けた期間と効果の目安

プロペシアを服用したからといってすぐに毛が生えるわけではない

プロペシアを飲みはじめてから髪が生えるまで、どのような経過をたどっていくのでしょうか。効果が出る期間の目安は6カ月ですが、6カ月経って急に髪が生えるわけではありません。以下より、プロペシアの服用をはじめてから、症状が安定するまでの流れを見ていきましょう。

プロペシアの治療期間と髪の経過

開始~3カ月【脱毛停止期】
  • 抜け毛が明らかに減る
  • 生え際にうぶ毛が生えてくる
  • 初期脱毛が起こる人もいるが、飲み続けると改善する
4カ月~6カ月【改善開始期】
  • 抜け毛がほぼなくなる
  • うぶ毛が伸びてくる
  • 髪が太くなる
  • 髪の量が増えてくる
  • 周囲の人に「増えた?」と言われる
6カ月~1年【急速改善期】
  • 後退していた生え際が前進する
  • 髪にボリュームを感じる
  • 理・美容師に「増えた?」と言われる
1年~3年【安定改善期】
  • ゆるやかに髪の量が増えていく
  • 改善する範囲が広がる
4年以降【安定期】
  • 改善した髪の量や質が維持される
  • 高齢者はさらに改善することもある

リストからわかるように、プロペシアの服用から3カ月ほど経てば、抜け毛が減るという効果が出てきます。4カ月から6カ月ほどで抜け毛はほぼなくなり、髪の質も高まるのです。プロペシアを1年間も飲み続ければ、AGAの症状は改善されます。それ以降は生えた髪の毛が維持されるのです。

このように、プロペシアを飲んでいる期間に比例して、AGAの症状はだんだんと改善していきます

プロペシアの作用と効果が出る期間の関係

プロペシアの服用をはじめてから、髪が生えるまでに時間がかかる理由には、プロペシアの作用が関係しています。プロペシアの作用は、AGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの抑制です。

プロペシアは5α-還元酵素を阻害し脱毛症の原因であるDHTを抑制します

ジヒドロテストステロンが抑制されることで、AGAで乱れたヘアサイクルが正常に戻ります。ヘアサイクルとは、髪が生え変わる周期のことです。

AGAのヘアサイクルは髪の成長期がない

髪の成長は、正常なサイクルでは2年から6年ほど続きますが、AGAのサイクルでは数カ月から1年ほどで終わります。プロペシアは、ヘアサイクルを正常に戻し、髪がしっかりと育つようにサポートするのです。

髪が伸びるスピードが上がるわけではない

プロペシアを飲んでも髪の生える速度は正常なときと変わらない

プロペシアでヘアサイクルが整っても、髪が伸びるスピードが上がるわけではありません。

プロペシアを飲んでいればAGAの原因が取り除かれ、髪は正常に成長しはじめます。しかし人間の髪は、正常なサイクルでも1カ月に約1cmずつしか伸びないのです。ハゲていない人でも、短髪が1カ月や2カ月でロングヘアにはなりませんよね。つまり、プロペシアの効果が感じられる6カ月目ころは、髪が目に見えて伸びてきたタイミングなのです。プロペシアには髪の成長を加速させる効果はないため、ゆっくりと髪が伸びます。

このような理由から、プロペシアを飲みはじめてから髪が生えるまで、ある程度の時間を要します。飲みはじめの時期は「あまり効いていない」と感じるかもしれません。しかし、プロペシアは体内でしっかりと効いているので安心してください

プロペシアの効果を早める方法

プロペシアの効果を早めたいなら併用できるAGA治療薬を合わせて使う

薄毛の改善を早く実感したいなら、ほかの治療も併せて行いましょう。髪が伸びるスピードには限界があるため、薄毛を早急に改善する方法はなかなかありません。とはいえ、髪を少しでも早く生やしたいなら、プロペシア以外の治療法も併用してみる価値はあります。ここでは、プロペシアとの併用におすすめな「ミノキシジルローション」「育毛メソセラピー」を紹介します。

ミノキシジルローションとの併用で髪が伸びやすくなる

早く髪を生やしたければ、プロペシアとミノキシジルローションの併用がおすすめ

早く髪を生やしたければ、プロペシアとミノキシジルローションの併用がおすすめです。この2剤を併用すると、からだの内側と外側からAGAの症状にアプローチできます。ミノキシジルローションは、頭皮に直接塗ることで毛根の細胞を活性化させ、高い発毛効果を発揮します。プロペシアで抜け毛の原因を取り除き、ミノキシジルローションで髪を伸ばす作用を加えれば、相乗効果で髪が早く生えると考えられるのです。

プロペシアとミノキシジルローションの併用は、AGA治療のガイドラインでも推奨されている治療法です。プロペシアの効果を早く実感するために、まずはミノキシジルローションとの併用を試してみましょう。

育毛メソセラピーは費用が高いぶん効果も高い

育毛メソセラピーを受けてみる

ミノキシジルローションとの併用で満足できなければ、育毛メソセラピーを受けましょう。費用は高額ですが、そのぶん高い効果が期待できます。

育毛メソセラピーもミノキシジルローションと同じく、からだの外側からAGAの症状にアプローチする治療法です。ただ、育毛メソセラピーでは、針などを使って頭皮に薬剤を直に注入します。そのため、ローションを塗るだけに比べ、頭皮に薬剤が浸透しやすいのです。また、育毛メソセラピーの薬剤にはさまざまな有効成分がブレンドされており、高い発毛効果が期待できます。

育毛メソセラピーは費用が高いものの、そのぶん髪が伸びるのも早まります。プロペシアを飲みながら育毛メソセラピーも受ければ、効果を早めに実感できるのです。

育毛メソセラピーなど、プロペシア以外のAGA治療については、別の記事でも詳しく解説しています。

6カ月経ってもプロペシアの効果がなかったら

プロペシアを6カ月服用して効果がなければ別の治療法を考える

プロペシアの効果が出る目安の6カ月を過ぎても髪が生えなければ、基本的には服用をやめなければなりません。髪が増えていなくても、抜け毛が減っているなら様子を見ながら服用を続けてください。薄毛の症状が悪化する一方なら、プロペシア以外の治療法に切り替えましょう。

では、プロペシアの効果が実感できない場合の対応策を紹介します。

6カ月で効果がなければ基本的には服用をやめる

プロペシアを6カ月飲んでも効果がないなら服用をやめましょう

プロペシアを6カ月飲んでも効果がないなら、服用をやめましょう。プロペシアのインタビューフォームには、以下の記載があります。

本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。

このように、「6カ月で効果がなければ服用をやめること」といった内容が書かれています。とはいえ、ここで言う「効果」は「AGAの進行を止められているかどうか」です。つまり、目に見えて髪が生えていなくとも、抜け毛が減っていれば効果が出ていると言えます。

プロペシアを6カ月飲んでも抜け毛がまったく減っていない場合、服用は中止しましょう。

抜け毛が減っているなら続けてみる

抜け毛が減っている時点でプロペシアの効果は出ている

プロペシアを飲みはじめて6カ月が過ぎ、髪が増えたとは感じなくとも、抜け毛が減ったなら服用を続けましょう。上述したように、AGAの進行を遅らせるのがプロペシアの役目です。そのため、抜け毛が減っている時点でプロペシアの効果は出ていると言えます。また、プロペシアを1年以上飲んでから、「髪が増えた」と実感する人もいるのです。

見た目に変化がなくとも、抜け毛が減っていれば6カ月以降もプロペシアを飲み続けてみましょう。その際、症状が悪化していないか、副作用が出ていないかを確認しながら服用してください。

症状が悪化しているならほかの治療法に変更

AGAの症状を長い時間放置しているとプロペシアは効かない

プロペシアを6カ月飲み続けても抜け毛が減らず、薄毛が悪化する一方なら服用をやめましょう。プロペシアが体質に合っていない可能性があります。また、あまりにハゲているとプロペシアは効かないのです。

6カ月経っても大量に髪が抜けてしまう場合、それぞれの症状に合った治療を行わなければなりません抜け毛の悪化など、プロペシアが効かない原因 については、別の記事でも詳しく解説しています。

まとめ

プロペシアはAGAに効果的な治療薬ですが、薄毛が改善されるまでには6カ月ほどかかります。3カ月を過ぎた頃から抜け毛が減り、1年ほど経てば髪が増えてくるでしょう。プロペシアは、髪が伸びるスピードを上げてくれるわけではないので、効果を実感するまでには時間がかかります。早く髪を生やしたいという人は、ミノキシジルローション育毛メソセラピーなどの治療法を併用しましょう。

プロペシアを飲みはじめてから6カ月経っても効果が感じられなければ、基本的には服用をやめる必要があります。6カ月で抜け毛が減っており、副作用もないなら様子を見ながら服用を続けましょう。それでも効果がない場合、プロペシアで治療できる症状ではないかもしれません。プロペシアを飲み続けても全く効果がないなら、自分の症状に合った治療法に切り替えましょう。

参考文献・参考サイト

プロペシアの効果が実感できるまでの期間は?半年で髪が伸びる!は、以下のサイトや資料を参考に作成しました。